パトシBLOG

インフラエンジニアがロードバイクと一人旅とマンガを綴る

不良×タイムリープのこのマンガが面白い:東京卍リベンジャーズ

ホリエモンさんの「努力するな。マンガを読め。」のおすすめリストにあったのを覚えていて、LINEマンガで1巻無料だったので読み始めてみたのですが、これがめちゃくちゃ面白い。 

要するに、不良×タイムリープのお話

うだつの上がらない不良中学生だった主人公タケミっちこと花垣武道が26歳になってもうだつの上がらない日々を送っていたところ、中学時代の元カノ橘ヒナタが悪党集団の東京卍會に殺されたことを知る。

そんなタケミっちが突然タイムリープの能力を得て、ヒナタが殺される歴史を変えるために何度も未来と過去を行き来する。しかし何度も歴史を変えているはずなのにヒナタが死ぬ事実だけは変わらない。

不良ってそこまでするの?ってほどに過激なケンカが繰り返されますが、この手の話でありがちなケンカだらけでストーリー展開が薄っぺらいことはなく、むしろタイムリープの度に次の展開が読めなくなりどんどんハマってしまいます。

推しメン①:東京卍會副総長 龍宮寺 堅(通称ドラケン)

もしかしたらNo.1のマイキーよりも強いかもしれないのに、マイキーを支える姿が超カッコイイ。中学3年生ですけどね。

 

推しメン②:東京卍會総長 佐野万次郎(通称マイキー)

一度裏切った仲間も許す。そりゃ部下は付いてきますね。

推しメン③:東京卍會弐番隊隊長 三ツ谷隆

ここのセリフがカッコいい。そして隊長だけあって結構強い。

 

いま11巻まで読み終えました。Kindle本を次から次にポチってしまって困ってます(笑) 

そして、冒頭のホリエモンさんの本はこちら。なかなか参考になりますよ。